黒烏龍茶

食事とあわせてとるやせるお茶として、CMでもメジャーな黒烏龍茶について見ていきましょう。黒烏龍茶は、ウーロン茶重合ポリフェノール、通称OTPPという栄養素が含まれており、これはウーロン茶に含まれる、脂肪の吸収を抑える働きをする栄養素です。

 

この働きによって、食事をとることで取り込まれるはずである脂肪を抑え、排出する働きをパワーアップさせる効果があるので、食べ物による血糖値のプラスを防いでくれます。ですので、脂肪分、油分の高い食事をとりがちな方や、血糖値が高い方にオススメのやせるお茶です。

 

特保というフレーズをちかごろよく耳にしますが、これは特定保健用フードの略で、利用をする人たち庁によって体に脂肪がつきにくいフードとして認可されたアイテムにのみラベルされるものです。目安としては1回の食べ物に350ミリリットルの黒烏龍茶を飲用するようにしてください。ですのでこちらに関しても、食事のときに食べてやせるためにお茶を黒烏龍茶にチェンジする習慣をつければ良いでしょう。

 

ところがここでも誤解しないでもらいたいのは、ハナからある脂肪がなくなるわけではないとういうわけなのです。これから取り込むはずであろう脂肪の吸収を抑えるという効果の意味ですので、やせる食べ物でカロリーカットしたり、今ついている脂肪はトレーニングしなくては落とせません。

 

ですので、黒烏龍茶を飲んだあとに有酸素トレーニングなどを行いましょう。大体、飲んだあと30分くらいに行うのがベストといわれています。ですので、黒烏龍茶に関しても、多く飲用すればそれだけ効き目が出るということではないのですので、摂取量も用法を守り、取り込むようにしてください。

ウーロン茶

次にウーロン茶について見ていきましょう。ウーロン茶もやせるお茶としてメジャーなもののひとつです。自らが学生なとき、知り合いがウーロン茶ばかり飲用していました。それが神秘的で「なんでウーロン茶ばっかり飲用してるの?」と耳にしたことがありました。ウーロン茶はやせるお茶でメジャーだからということでした。

 

そのときはウーロン茶を飲んだくらいで痩せるのか神秘的でしたが、ちかごろではその有用性に把握できたのす。カフェインのところでお話しましたが、ウーロン茶にもカフェインは含有されているのですね。

 

ですので、ウーロン茶にも脂肪燃焼を助ける効き目があるのですところがそれ以外にも体重を減らす効き目に良い栄養素が含有されているのです。

 

それは「サボニン」と「ウーロン茶ポリフェノール」の効果です。

 

まず前者とは言ってもこれは油分の吸収を防いでくれる栄養素です。吸収を防いでくれるだけでなく、排出も促してくれるのです。ウーロン茶も利尿働きがあるのでしょうから、体のシステムを健全化してくれる効果があるのです。

 

斯くして後者についてとは言ってもウーロン茶にはこの栄養素が多く含有されているのです。そもそも脂肪の燃焼にはリパーゼという消化エンザイムがでかいカギとなります。この栄養素はこのリパーゼをエネルギッシュにする務めがあるのです。

 

ですので、カフェインの効果と相まって、やせる事にベストというわけです。ウーロン茶はリパーゼの働きを助けるので中性脂肪にもでかい効き目をふるうのです。この厄介な中性脂肪を分解するサポートになるため、メタボ対策としてちかごろでかい話のタネになっているわけですね。

 

ところがウーロン茶に関しても同じく飲用するだけでは効き目はないのです。ですので、効果を上げるコツとしては飲んだあとは少しでも有酸素トレーニングをするようにしましょう。大体30分前に飲用するのが効き目をアップするようなのですね。

黒烏龍茶やウーロン茶カフェインなどやせるお茶の効果関連エントリー

緑茶や茶カテキンなどやせるお茶の効果
ゴーヤ茶の効果と作り方、ダイエットや糖尿病にも効く
食べてやせる、食べ物や、食材、食事、レシピ、お茶、ダイエット食品などの情報と痩せる方法や効果
むくみをとる効果が期待できるやせるお茶
食べてやせる、食べ物や、食材、食事、レシピ、お茶、ダイエット食品などの情報と痩せる、むくみをとる方法や効果
おから茶の効能と作り方
食べてやせる、食べ物や、食材、食事、レシピ、お茶、ダイエット食品などの情報と痩せる方法や効果