炭水化物ダイエットについて

食べてやせる方法の1つである炭水化物ダイエットをご存じですか。
このやせる方法の発祥は米国で、炭水化物中毒者を対象として
アメリカのアトキンス博士が発案したものです。

 

炭水化物を多く含む食べ物を見直してすことによって、
血糖値を適正値にしてダイエット効果を得るという方法です。
低炭水化物のメニューと、好きな食品を組み合わせる事で、
炭水化物の欲求を減らすことができます。
注意しなければならない点は、元々炭水化物中毒の方向けの方法となっているのです。

 

他に米やパンを食べながらダイエットができる炭水化物ダイエットもあります。
現在広まっているのは2週間のダイエットでリバウンドなく
たくさん食べて痩せることができるというものです。

 

最大のポイントは、必ずメニュー通りの食事をすることです。
お菓子などおやつや夜食は摂らず、規則正しく3食を食べます。
朝は和食ないし洋食、昼は主食の分量をよく守ってください。

 

夜はメインのおかずとサブおかずに100グラムのご飯がメニューで、
ご飯は固めに炊くのがポイントで、噛んで感て食べることを促します。
ジャやバター等をまったくつけない6枚切りパン1枚が1日に摂取していいパンとなります。

 

日本でもアトキンス博士の方法を元にした健康的で安全な炭水化物ダイエットが提案されています。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

炭水化物記事一覧

炭水化物ダイエットのやせる方法は難しくはありません。和食、洋食など食べ物やメニュー例を紹介します。朝食の食事メニュー例(和食も洋食も400kcalが目安です)和食の場合⇒ご飯は100gの白米と納豆と低脂肪乳、そして具の多めのみそしるです。洋食の場合⇒油をあまり引かずに焼いた目玉焼きと低脂肪牛乳、         野菜中心のスープと食パンです。昼食の食事メニュー例主食の量さえ守れば外食やコンビニの食...