朝バナナダイエットの方法

朝バナナダイエットは、朝食にバナナと水だけで過ごせば
やせる効果があると言われるものです。

 

朝バナナを食べてやせる方法を詳しく見てみましょう。
朝食のバナナに本数の制限はなく、ゆっくりとよく噛んで食べましょう。
コップ一杯程度を目安に常温の水は摂取します。

 

朝食後15分ほど時間をおいてから、水以外のものを飲む時は摂るようにしましょう。
特に昼食では制限はありませんが、和食が食べてやせるにはぴったりです。
おかずよりお米を多めにして、ミネラルや食物繊維、酵素を積極的に摂取しましょう。

 

チョコや和菓子などがオススメでおやつの制限も特に必要ありません。
内臓への負担も果物そのものを摂取するようにすると、軽減することが可能です。
特に運動の規則はありませんが、ダイエット効果を適度な運動が促進してくれます。

 

早めの夕食が、朝バナナダイエットを成功させるにはおすすめです。
遅くても20時には摂取し、本当は18時台が望ましいところだといえます。
夕食を遅い時間に食べると消化時間もずれ込んでしまいますので、
睡眠を体が活動状態のままとることになり眠りの質が悪くなってしまいます。
夜型の生活を送ってしまっている人は、生活サイクルを出来るだけ
早めに切り替えることもバナナを食べてやせる方法には効果があります。

朝バナナダイエットの注意点

朝バナナダイエットを成功させるための注意点についてです。朝バナナダイエットは、バナナと水でできる手軽なダイエットですが、ほんの少しのコツで効果もずいぶん高まります。脂肪分解酵素というバナナに含まれている成分は、43度以上の熱をかけると壊れてしまいますので、生で食べることが必須です。

 

焼きバナナといってバナナをオーブン焼くものは、甘みが増して美味しい食べ物ですが、ダイエットには良くないようです。冷凍バナナも美味しいですが、凍らせると体を冷やします。体の冷えは代謝の低下につながり、ダイエットとは逆効果です。

 

朝バナナダイエットでは避けたほうが良いといえるのが、冷凍バナナなのです。農薬を使っているバナナには両末端に農薬成分が溜まりやすいため、両端を少し切って捨ててから摂取するといいでしょう。夕食や昼食には制限がない朝バナナダイエットですが、食べ過ぎはおすすめできません。いつも通りの食事を心がけるのが良いでしょう。

 

さらにダイエット効果を上げるには、唾液の分泌を促すためにも普段の食事もよく噛んで食べます。食べ物が消化酵素とよく混ざり、消化吸収の効率がアップするでしょう。咀嚼がしやすくなりますので、ご飯を7分米にするなどして固い食べ物を増やすのもおすすめです。このような点に気をつけながら朝バナナダイエットを実践しましょう。

ダイエット効果

朝バナナダイエットのやり方でバナナを摂取すると、
どんな効果が身体にもたらされるのでしょう。
バナナにはコレステロールを下げる効果があるので、
朝バナナダイエットはコレステロール対策になります。

朝バナナの成分には免疫力を高め病気への抵抗力を増してくれますし、
セロトニンの作用で偏頭痛を軽くする効果もあります。

朝バナナダイエットを実践すれば、
最近何かと話題のメタボリックの対策にも役立ちそうですね。

朝バナナダイエットでバナナの持つ免疫作用を高めるには、
ちょっとした豆知識があります。

黒いまだらが少し出てきたくらいが、
身体の免疫をつけてくれる食べ頃バナナです。
バナナの斑点は、5〜6個出て来た時が食べ頃です。

また、保存時には接地面を少なくしましょう。
バナナは接地面から自重で傷むので、バナナの胴の部分を上に、
両端が下になるように置いてください。

13.5度以下の温度はバナナには不向きです。
バナナは熱帯産の食べ物なので寒すぎる場所では
熟成せず腐ってしまいます。

常温保存をして上手に熟成させるようにしましょう。

朝バナナダイエットの特徴は、

ガマンしない、

お金をかけない、

時間をかけないことです。


どんな人でも気軽に取り組めるという食べ物点が、
朝バナナダイエットをする人が多い理由といえるでしょう。

抗酸化作用

朝バナナダイエットは大人気のダイエット方法として一世を風靡しました。
朝バナナダイエットのやり方には何パターンかあります。

その中でも、お昼時のテレビ番組で紹介された、
手軽にできる朝バナナダイエットは以下のようなものです。

基本的な朝バナナダイエットの手順は、
朝ご飯に水とバナナ一本を摂取する方法です。

昼ごはんや夕ご飯に食べるものは決まっておらず、
ダイエット効果を高めるには運動をするといいようです。

どうして、朝バナナダイエットは体重を減らすことが可能なのでしょう。

ダイエットに必須の脂肪燃焼には、
糖質分解酵素があり代謝を高めるバナナが一役買ってくれます。

また、起きた直後は体内の酵素が極端に少なくなっています。
そのため、糖質分解酵素が豊富なバナナが適しているのです。

強い抗酸化作用を持つバナナを摂取することで、
全身の細胞の活動を高めて代謝を促進させます。

ぼんやりしている起き抜けの脳みそを活発化させるため、
バナナのビタミンA・B・Eで血行を助けてください。

食物繊維はダイエットに重要な役割を果たしますが、
バナナはその食物繊維も豊富な果物です。

バナナで便秘を治し、ダイエット効果を高めましょう。

バナナは優れたダイエット食品で、
痩せる以外の健康などの側面でも役に立つようです。

例えばバナナが含有する2-ペンタノンは
大腸ガンの抑制効果が期待できます。

簡単にできる朝バナナダイエットで、
理想のプロポーションになってみたいものですね。